20200125_鷹取山

投稿者 admin 日時 2020年1月25日

当日は天候が心配されましたが北風がやや冷たく感じられたものの陽も差し、絶好のハイキング日和となりました。
     
神武寺駅を出発、最初の目的地である神武寺へ。
細い流れに沿って山道があり、シダ類が茂る中、足元に気を付けながら、約30分程登り、神武寺に到着。
うっそうとした樹々の間にお堂が点在し“古刹”(古い寺)と言った雰囲気が感じられました。
本堂の脇をさらに上へ、途中岩場あり、鎖場あり、展望の良い場所ありと変化に富んだ道を進み、程なく山頂へ。
“ビックリ!”そこには凝灰岩の壁が乱立し、大勢の人がクライミングをしている異様な風景が。
それも高齢者や女性が。興味津々でしばらく見学。
一息ついてその上の展望台へ。富士山は見えませんでしたが都内の景色等々360度遠望を楽しむことができました。
昼食時にはトンビにおにぎりをさらわれるハプニングもあり、ハラハラドキドキ。
クライマーをバックに記念写真を撮り、下山へ。
ここでもいたる所で鷹取石が採掘された場所が残されていたり、摩崖仏が見られたり、見所の多い山でした。
ただ登りと異なり、下りは苦労することなく追浜の街中に着いてしまい、もう少し山の雰囲気を味わいたかったなーと、歩き足りなさを感じた一日ではありました。     

0_沢沿いの参道_R.JPG
沢沿いの参道

1_神武寺境内_R.JPG
神武寺境内

1_薬師堂_R.JPG
神武寺・薬師堂

2_薬師堂の看板_R.jpg
薬師堂の看板

3_なんじゃもんじゃ_R.JPG
なんじゃもんじゃ

4_なんじゃもんじゃ説明_R.jpg
なんじゃもんじゃ説明

5_神武寺周辺の植物_R.jpg
神武寺周辺の植物

6_神武寺の歴史_R.jpg
神武寺の歴史

7_神武寺の晩鐘_R.jpg
神武寺の晩鐘

8_左の石が_R.JPG
左の石が落ちそう

9_石を食べる木_R.JPG
石を食べる木

10_鷹取山山頂のクライミング_R.JPG
鷹取山山頂のクライミング

11_山頂より東京湾を望む_R.JPG
山頂より東京湾を望む

15_集合写真_R.JPG
集合写真

16_倒木_R.JPG
倒木

17_磨涯仏_R.JPG
磨涯仏

18_磨涯仏の看板6_R.jpg
磨涯仏の看板

19_石切場_R.JPG
石切場の空間